京都の、とある小さな牛乳屋に生まれ、長い独身時代を経て結婚。幸せをかみしめながら、出逢った人みんなに感謝の心を届けられますように。


by milkshop-KT3

不妊治療日記 「判定」

胚盤胞移植をしてから10日後
無事に着床しているかどうか 結果を判定する日がやってきました。
それまでの間
近所の神社の前を通りかかるたびに手を合わせてお祈りしたり
「結果はどうかな」と
自分の直感に神経を集めて問いかけてみたりしていました。
○か×か
ある時は「妊娠してる」と確信したり
別の時は不安になったり。

決めるのは 赤ちゃん。
私はただ「答え」を待つだけ
頭では分かっているけど


判定の日。
朝から病院に行って、尿検査と血液検査。
検査結果を待つ間は 意外に落ち着いた気持ちでいられたのに
いざ 名前を呼ばれて診察室に入り
先生を前にしたら、急にドキドキしてきました。
カルテを眺めていた先生、しばらく何もおっしゃいません。
(かける言葉を探したはるんやろか…成功でも失敗でも、しっかり受けとめなくちゃ…)
なんて思ったその時

「これ、あげます」

ポン。
目の前に何か置かれました。

最初は何か分かりませんでしたが
すぐにそれが妊娠検査器具だと分かりました(実物を見たのは この時が初めて)。
表面に私の名前が書いてあり
その表示部分には 濃いピンクで「+」と ハッキリ!!!

「えっ。あっ」
(これって、これって!)
言葉にならない私に 先生の一言

「おめでとうございます」

「へぇぇっ…あっ、ありがとうございます」
ひえ~~~っっっ!!!!
心臓がものすごい勢いで鳴っています。
身体が熱くなって、みるみる顔が赤くなるのがわかります。

「まずは、第一段階クリアーです」

わぁぁぁっ
すごい!
私、妊娠出来たんだーーーっっ!!!!

仕事中の旦那さんに、真っ先に報告メール。
見るのは仕事が終わってからになるだろうけど、でもやっぱり1番に。
興奮しすぎて、指が上手く動きません。
やっと彼に送った後、続いて家族、そして友達にも送りました。
すぐに、家族や友達から「おめでとう」メールでいっぱいの着信。
なんて嬉しいんだろう!
旦那さんも 休憩中に見てすぐに返信してくれ、
そして夕方、家に帰って 開口一番
「でかした!
…って、いっぺん言うてみたかってん」
ですって。
もらって帰った妊娠検査器具を見せながら
「『お父さん』やで」と 私がつつくと
「うわぁ、ほんまやー うへへ うへへ」って
これ以上ないくらい、満面の笑み。


真っ白な心に 先生の言葉が残る。
第一段階 クリアー

そして、数日前に行った検診では
「胎のう」が確認出来ました。
前回の検診時の言葉に合わせるように 先生が言ってくださいます。
「第二段階 クリアーです」
えらいぞ、赤ちゃん!!

ねぇ、赤ちゃん 嬉しいね。
みんなが喜んでくれてるよ。
「おめでとう」って言ってくれてるよ。
目に見えないくらい ちっちゃなちっちゃなタマゴのときから
みんながあなたを大切に想って
願って 祈って 待ってくれているよ。
たくさんの 命のハードル
その1つ目と2つ目を越えることが出来たね。がんばったね。
これから先も いくつもいくつもハードルがあるけど
1つ1つ 赤ちゃんと越えていくんだね。


がんばろうね!




♪みちこ
[PR]
by milkshop-KT3 | 2013-05-01 11:56 | 日記