京都の、とある小さな牛乳屋に生まれ、長い独身時代を経て結婚。幸せをかみしめながら、出逢った人みんなに感謝の心を届けられますように。


by milkshop-KT3

6月のいろいろ

あれよあれよで、もう7月です。
梅雨の寒さで、あまり夏を感じませんが
梅雨が明けたら一気に暑くなるのかなー

さて、6月は本当にいろいろありました。
まず、6月に入って間もない頃に
モモは火傷を負ってしまいました。
私が台所で魚を焼いていたところ
対面式キッチンの向かい側から、ダイニングのベンチシートを上ってきたので
危ないなぁと思った矢先
煙の吐き出し口に手を置いてしまったのです。
意外な熱さにビックリしてすぐに手を引っ込めたモモでしたが
やはり相当熱かったようで。
泣き出すモモを抱え、すぐに流水で冷やし保冷材を持たせましたが
泣き声は大きくなる一方。
主人と病院に連れて行き、処置してもらいました。
幸い、ホントに軽い火傷で
水ぶくれで薄くなった皮膚がめくれたりすることもなく
3日もすればキレイに治ってくれました。
あー、よかった。
安心すると同時に大きく反省。
これからはもっと気をつけてあげなくちゃ。
以後は、ダイニングのベンチシートを必ずテーブルの下に入れて、上れないようにしました。

そして18日は、1歳半健診。
その日は旦那さんがお休みだったので3人で区役所の保健センターへGO。
待ち合いスペースには、保育士さんもいらして
オモチャや本もたくさんありました。
すでにオモチャで遊んでるお友達、お母さんの側を離れないお友達…いろいろいます。
さてモモはどうするかなぁと思っていたら
旦那さんと私からサッサと離れて、本のところへまっしぐら。
そして、保育士さんが読んでくれる本に釘付けになっていたかと思えば、スタスタとオモチャの方へ。
かと思いきや
一人、窓際に行って外を見てみたり。
これも個性なんでしょうか。

順番がきて、いざ健診がスタート。
最初は問診です。
事務机の上には、2cm角の積み木が7つと、犬や車の絵が描かれたシートがあり
向かい合って座った担当の人に「積めるかな?」とか「何の絵かな?」とか尋ねられるモモ。
そして、必死でそちらに気を引こうとする私たち。
でもモモは、担当の人の持つボールペンが気になって仕方ないらしく、目の前の積み木を払いのけて掴みにかかり
ようやくボールペンを貸してもらってご機嫌になり
そこで、なんとなく積んでみた積み木がうまく乗ったので「おー!」とバンザイのポーズ。
つられて私も「イエーイ!」
そこからスイッチが入ったのか次々と積み上げ
結果 6個、ビックリするほどまっすぐに積めました。
シートに描かれた絵も
「ワンワンはどれかな?」の質問に、すかさず犬の絵を指差し
車をさして「これは何?」の質問には、間髪いれずに「ブーブー」
などと答えられ、終了。
次は歯科検診。診てくれた先生は、長年のお友達、歯科医のツネちゃんでした。
おかげさまで虫歯ゼロ。この調子で歯磨き頑張ろう。
身体測定では
身長:77.5cm
体重:9.35kg
平均幅の真ん中よりほんの少し小さめで「バランスよし」と言ってもらえました。
よかったー。
そろそろ健診も終わりかなと思ったその時
「じゃ、今度は歩行確認です。お母さん、少し離れてそこから呼んであげてください」と言われ
その瞬間、冷や汗。
普段の散歩の様子からいって、私の呼ぶ方へ滅多に来ないモモ。
自分の行きたいところへ行ってしまうモモ。
そんなモモが、果たして私のところへ来てくれるのか…!
引きつる顔をなんとか隠し、2mほど離れてモモを向いてしゃがみ
「モモ~~♪おいで~♪」と、出来るだけテンション高く呼んでみました。
両手を顔に近づけて指をひらひらさせたり(必死)。
すると、モモ。そんな私の気持ちを読み取ったのか、ニヤニヤと笑いながら
(しかたないなぁ)とでも言いたげな顔で近づいてくるではないですか。
「はい、結構です。歩けたね~」
先生の声に、一気に安堵感が広がります。

そんなこんなで、親子ともども楽しめた健診。
帰り道、ベビーカーでコテンと寝てしまったモモでありました。

なにはともあれ、ここまで元気に大きくなってくれて
本当によかったです。
周りの皆さんのおかげだなぁと、改めて 感謝。




♪みちこ
[PR]
by milkshop-KT3 | 2015-07-07 08:37 | 日記