京都の、とある小さな牛乳屋に生まれ、長い独身時代を経て結婚。幸せをかみしめながら、出逢った人みんなに感謝の心を届けられますように。


by milkshop-KT3

熱い8月

8月もいよいよ終わりですね。
暑い夏もおしまい。
毎年こうやって季節はめぐります。

地域の地蔵盆も、先日終わりました。
関西だけ?京都だけ?このイベント。
地域の子供たちを見守ってくださるお地蔵様を囲んで
子供の成長を感謝し祝うこの行事。
夏休み終盤のお祭りみたいなものです。
子供たちは、お地蔵様の周りに組まれたテントなどの下で
おやつを食べたり遊んだりするのです。
今年からは、モモも参加。

「会場に、子供さんの描いた絵を飾りますので、モモちゃんにも描いてもらって」と
町内の方が大きな画用紙を配ってこられました。
早速、気合を入れて水彩絵の具を引っ張り出し
5、6本の筆にそれぞれ違う色をつけて
1本ずつモモに渡しながら画用紙に描かせてみました。
地蔵盆デビューにふさわしく、初、絵の具の絵!!
見てくれた人からは、「色がきれい!」と、お褒めのお言葉♪
この絵は、いい記念になるので とっておく事にします。
e0113475_7203624.jpg


さて
8月に入ってから
新しい取り組みがスタートしました。
不妊治療の再開です。
モモの断乳が終わる頃、旦那さんと話し合い始めました。
前回の採卵・移植の際に出来た受精胚が4個あって
そのうちの1個が育ってモモが生まれました。
残りの3個は、病院で 凍結され保管していただいています。

2人目…
産めるものなら産みたいな
だけど、ダメかもしれないし。
私の気持ちは少し揺れていました。
タマゴがあることで
産む、産まないを選択出来る分(もちろん可能性は限りなく低いけど)
命に対して
ずいぶんと思い上がった考えだと
神様にでもなったつもりかと、何様だと
そんな風に思わずにはいられない自分もいて。
でも
「モモの兄弟姉妹がまだ眠ってる。全部は無理やけど、可能性のある命は起こして連れて帰りたい」
それが旦那さんの気持ちでした。

私の年齢からいって、ほぼ不可能?
障害を持つ確率は?
経済的な不安だってあります。
だけど
選ぶのは赤ちゃん。
実行するなら少しでも早い方がいい。
不安ばかり言っててもしょうがない。
結果を全部、受け止めよう。
何かあったらその時々で最善の道を考えればいい!
私も、心を決めて
そして、病院に通い
私の体のリズムと調整をして
「子宮内膜の状態もいい、20日に移植しましょう」
てな運びとなり
移植。
タマゴは無事、私のお腹に戻りました。
また、注射とお薬の日々が始まりましたが、頑張らなくっちゃ。
着床したかどうかの判定日は、31日。

ドキドキ。

やっぱり、今年の夏も
熱いのだ。




♪みちこs
[PR]
by milkshop-KT3 | 2015-08-26 07:21 | 日記