京都の、とある小さな牛乳屋に生まれ、長い独身時代を経て結婚。幸せをかみしめながら、出逢った人みんなに感謝の心を届けられますように。


by milkshop-KT3

カテゴリ:日記( 319 )

着々と

前回、無事に着床したタマゴちゃんですが
その後どうなったか
早く書きたくて
でも なかなか書けなくて

最近、モモがあまりお昼寝をしてくれなくなり
そのおかげで私はPCに向かう時間が滅多に取れなくなり…
で、今日やっと寝てくれたので
今だ!
ってな具合で
久しぶりのPCです。

さて
タマゴちゃん
なんと、あれからどんどん成長してくれちゃってます♪
昨日、無事に妊娠14週を迎えました。
安定期になる16週まであとわずか!
そしてそして
経産婦である私のお腹はすでにぷっくりと膨らんできているのです!
神様 ありがとう!
旦那さんと私、両方の実家にもきちんと報告が出来ました。
みんな とっても喜んでくれました。

先々のことを考えて
出来れば妊娠初期のうちにモモのおむつが取りたくて
9月に入ってすぐにトイレトレーニングを始めてみたのですが
わずか10日ほどで断念。
つわりが始まってしまったのです。
モモの時よりずいぶん軽いものでしたが
モモがおもらしをする度に世話をするのが出来なくて。
お腹がすくと特に気持ち悪い
食べてる間だけ大丈夫(魚とウインナー以外)
食べた後も気持ち悪い
台所に立つのが辛くて辛くて、何度か旦那さんにご飯を作ってもらったりしました。
吐くまではいかなくとも
とにかく24時間の船酔い状態(もしくは、まるで古い油をコップ1杯一気飲みした後のような気分)は、しっかりと味わいました。
お風呂に入っても、体があたたまると具合が悪くなるのでシャワーのみ。
2週間ほど前からかな?ようやく落ち着いてきて
何でも美味しく食べられるし、家事も出来、お風呂でも湯船に入れるようになりました。

そんなこんなで、残念ながらモモのトイレトレーニングは延期になりましたが
赤ちゃんが生まれたら2人ともおむつ。それじゃ経済的にもツライ。
なんとかお腹に居てくれる間にモモのおむつを取ってしまいたいよー。
春を前に、再度 挑戦だな。

10月13日は、不妊治療でお世話になっていた病院での 最後の検査。
モニターに映る赤ちゃんは、小さいながらもしっかりと その心臓を動かしていました。
「卒業です。元気な赤ちゃんを産んでください」
優しい先生の言葉に元気をもらい、2回目の不妊治療を終えました。

そして10月26日
モモの出産でもお世話になった、最寄の産婦人科での初回検診。
旦那さんとモモと3人で行きました。
この産院、大好きなんですよねー。
なんたってフレンドリー♪アットホーム♪
先生や助産師さん、受付けの人まで私のことを覚えていてくださってました。
モモがすっかり大きくなっているのを見てとても喜んでいただいて
私もとっても嬉しかったです。
「あぁ、帰ってきた~」って、感じ。
さて、気になる赤ちゃんの様子は…
さらに大きくなって、ぴょこんぴょこんと手足を動かしていました!
「次回の検診で、性別が分かるかもね」と、先生。
4週間後が楽しみ!!
旦那さんとモモも、一緒にモニターを見たのですが
モモは驚いて固まっていました。

赤ちゃんの出産予定日は、来年の5月7日。
それまでの間
最後の妊婦生活を
思いっきり楽しみたいと思っています!




♪みちこ
[PR]
by milkshop-KT3 | 2015-11-08 15:13 | 日記

展開

8月31日
ついに、判定日がやってきました。

無事に着床していますように という思いと
着床していたとしてもその後の成長が不安 という思い
心の中ではいろんな思いが混在していました。
実は、判定日より3日前に
下腹あたりが痛くなって違和感があり
それらは数分で治まったけど
翌朝には軽い出血もあり。

あぁ、ダメかもしれない…
誰にも言えずに、そんな気持ちも抱えていました。


当日は、旦那さんが夜勤の日だったので、一緒に行き
検尿と採血を済ませて3、40分待ち
いよいよ名前をよばれて診察室へ。

どんな結果でも受け止める
そう決めていたのに、診察室へ入る直前は
「着床していますように!」という思いでいっぱい。

さて、そんな私。先生の前に座るとき
見えちゃったんです。テーブルの上の妊娠検査器具。
表示部分には 赤い+の印。

わっ

「妊娠しとるでー」
カルテをモニターで確認しながら先生の一言。
「あ、、ありがとうございます」
「2年ちょっと前の凍結胚…?」
「そうです」
「うん、そら大丈夫や。おめでとうございます。
これから 流産止めのお薬、しっかり続けていきましょう」

な、な、なんと、新たなステージが始まりました!
ドキドキが止まりません。
大騒ぎする心をなんとか静めて
待合室の旦那さんとモモのところへ。
周りに聞こえないよう小さな声で「はい」と、検査器具を旦那さんに見せると
旦那さん、一瞬「あっ」と声をあげたけど、あとは軽くうなづいて
「次に…進みましょう」

早速、筋肉注射2本。
お薬をいただいて、会計を済ませ、しずしずと病院を出て駐車場へ。

帰りの車で思いっきり万歳。
「4人家族やー!!!」
「やったー!!!」
「がんばるぞー!!!」




なんだか、まだ信じられません。
モモの時より、事が運ぶのが早すぎて
気持ちが追いつかないというか。

9月4日に、また1本注射。
そして
明日は、胎のうが出来ているかを検査するそうです。
きっと大丈夫な気がしています。
そして早速、私には妊娠初期の症状が…!
高温期に入るため、身体がなんだか熱っぽかったり
ホルモンの影響で皮膚がかゆくなったりもします。
子宮に水分を送らなければならないため
皮膚の水分も少なくなって乾燥するのも原因の1つだそうで。
そうそう、ネットで見てみると
着床する時には、着床痛というのがあり
その際の出血というのも珍しくないのだとか。
なあるほど、あの痛みや出血は着床の印だったのかぁ。


凍結胚を移植したことは
旦那さんの両親、私の両親ともに 
まだ、話していません。
無事に妊娠出来たと確認するまでは、余計な心配をさせたくない、という考えからでした。
妊娠が分かったとなれば
「いつ言う?」
「そうやなあ…」

9月の連休に
東京に住む義理の妹が帰省します。
その頃ちょうど、義母の誕生日もあるので
皆で食事に出かける予定をしています。
「その席で発表しよう」
と、いうことになりました。
私の両親には…
明日、胎のうが確認できてからにしようかな。


モモと同じ時に出来て
2年以上眠り続けたタマゴちゃん
おまたせしましたね。
無事に私のお腹にくっついてくれてありがとう。
だけど、旅は始まったばかり。道のりはこれからまだまだ続くのよ。
お母さん 年寄りだけど頑張るから
丈夫に元気に大きくなってね。




♪みちこ
[PR]
by milkshop-KT3 | 2015-09-06 15:20 | 日記

熱い8月

8月もいよいよ終わりですね。
暑い夏もおしまい。
毎年こうやって季節はめぐります。

地域の地蔵盆も、先日終わりました。
関西だけ?京都だけ?このイベント。
地域の子供たちを見守ってくださるお地蔵様を囲んで
子供の成長を感謝し祝うこの行事。
夏休み終盤のお祭りみたいなものです。
子供たちは、お地蔵様の周りに組まれたテントなどの下で
おやつを食べたり遊んだりするのです。
今年からは、モモも参加。

「会場に、子供さんの描いた絵を飾りますので、モモちゃんにも描いてもらって」と
町内の方が大きな画用紙を配ってこられました。
早速、気合を入れて水彩絵の具を引っ張り出し
5、6本の筆にそれぞれ違う色をつけて
1本ずつモモに渡しながら画用紙に描かせてみました。
地蔵盆デビューにふさわしく、初、絵の具の絵!!
見てくれた人からは、「色がきれい!」と、お褒めのお言葉♪
この絵は、いい記念になるので とっておく事にします。
e0113475_7203624.jpg


さて
8月に入ってから
新しい取り組みがスタートしました。
不妊治療の再開です。
モモの断乳が終わる頃、旦那さんと話し合い始めました。
前回の採卵・移植の際に出来た受精胚が4個あって
そのうちの1個が育ってモモが生まれました。
残りの3個は、病院で 凍結され保管していただいています。

2人目…
産めるものなら産みたいな
だけど、ダメかもしれないし。
私の気持ちは少し揺れていました。
タマゴがあることで
産む、産まないを選択出来る分(もちろん可能性は限りなく低いけど)
命に対して
ずいぶんと思い上がった考えだと
神様にでもなったつもりかと、何様だと
そんな風に思わずにはいられない自分もいて。
でも
「モモの兄弟姉妹がまだ眠ってる。全部は無理やけど、可能性のある命は起こして連れて帰りたい」
それが旦那さんの気持ちでした。

私の年齢からいって、ほぼ不可能?
障害を持つ確率は?
経済的な不安だってあります。
だけど
選ぶのは赤ちゃん。
実行するなら少しでも早い方がいい。
不安ばかり言っててもしょうがない。
結果を全部、受け止めよう。
何かあったらその時々で最善の道を考えればいい!
私も、心を決めて
そして、病院に通い
私の体のリズムと調整をして
「子宮内膜の状態もいい、20日に移植しましょう」
てな運びとなり
移植。
タマゴは無事、私のお腹に戻りました。
また、注射とお薬の日々が始まりましたが、頑張らなくっちゃ。
着床したかどうかの判定日は、31日。

ドキドキ。

やっぱり、今年の夏も
熱いのだ。




♪みちこs
[PR]
by milkshop-KT3 | 2015-08-26 07:21 | 日記
断乳したその日は
旦那さんが夜勤だったため、夕方まで居てくれました。
でも、旦那さんが出勤してからしばらく機嫌よく遊んでいたモモは
そろそろ晩御飯、という時間に眠くなり始め、ウトウト。
「モモ、もうちょっとで晩御飯やし、頑張って起きてて」と、身体を揺すると
うにゃ、っと目を開け 次の瞬間
ギャー
大泣き。
泣きながら「パイパイしよー」と言い出したので
「アカンアカン、晩御飯しよな」と言って、さっさと晩御飯。
食べながら何度か眠りかけたけど、なんとか目を覚ましていてくれました。

お風呂は、私がTシャツを着たまま入れました。
「(オッパイに描かれた顔って)何度も見たくないものやから」と、オッパイマッサージの先生からのアドバイス。
絵が消えてからも、オッパイを見ると恋しがるので、と
その後2週間は、Tシャツでモモをお風呂に入れました。

夜、お気に入りの絵本を1冊、ベッドに持ち込んでゆっくり読み聞かせた後
やっぱり「パイパイしよー」と言って来たので
「パイパイはお顔になったやろ?もう無いねんで。ねんねしよなー」と言いながら
部屋の電気を消して一緒に横になり
覚えている限りの絵本を諳んじて聞かせたら
途中で眠ってしまいました。
夜中に2度ほど起きてぐずぐず言いましたが、これまたすぐに寝てくれて
断乳初日は、なんとか無事に幕を閉じました。

翌日、モモは朝から少し不機嫌。
お昼ご飯の前に寝てしまい、仕方なくマットの上に寝かせようとして抱きかかえた瞬間
「パイパイしよー」と一言。
眠りながらの言葉でした。
朝から1度も言ってこなかったのに…
お昼ご飯の後、「パイパイしよー」と言ってきましたが聞こえないフリをしたらそれ以上言ってきませんでした。

モモは、モモなりに理解しようとして頑張ってる、オッパイをガマンしてるんだ
そう思うと、胸がキュンとして涙が出そうになりました。


そんなこんなの数日後
いつもはオッパイを飲んでお昼寝、というパターンだったモモは
オッパイがなくなったためお昼寝のタイミングを逃しがちになっていました。
またも旦那さんが夜勤の日
晩ご飯の直前で眠くなったモモはずっとぐずぐず。
ご飯を食べ始めても目が覚めないので食事もなかなか進みません。
お皿をテーブルの上で右へ左へ滑らせたり、わざとスプーンを落としたり。
だんだん私もイライラしてきていました。
そしてモモが床に落とした野菜を私が拾っている間に 今度はお皿ごと床に落とされた瞬間
怒り爆発
立ち上がるや否やモモの頭をパチーン!
ビックリしたのと痛いのとで 今まで以上に大声で泣くモモ。
「もうご飯はおしまい!」
そう言って抱き上げてイスから下ろすと、泣き声は一層大きくなりました。

我に返った私。
頭、叩いちゃった。。。
「ごめんな、モモ。痛かったやろ。眠いとこ頑張って起きてたのになぁ」
落ち込みつつ抱っこしてリビングへ行き、抱きしめながら床に座って頭をさすりさすりしていると
涙にくれながら、例の「パイパイしよー、パイパイしよー」

あげたい。
こんなに欲しがっているのに。
だけど…出来ない。
ぎゅうっとモモを抱きしめたままゆっくり身体を揺らしながら
「お歌 歌おうね」
と言って、知ってる歌をたくさん歌いました。
歌いながら私まで涙。
声も途切れます。
それでも、ゆっくり ゆっくり歌っているうちに
モモも私も落ち着いてきました。
モモは、元から眠かったのでだんだんウトウトし始めました。

涙でぐしゃぐしゃの顔のまま、眠ってしまったモモ。

叩いて、ごめんね。
オッパイ、あげられなくて、ごめんね。


モモがオッパイを欲しがるのは、今思えば この時が最後だったような気がします。

ときどき服の上から触ったりするけれど
もう あのかわいい
「パイパイしよー」
は、聞かれなくなりました。

やっと
断乳。

モモは これからどんどんおねえちゃんになっていきます。




♪みちこ
[PR]
by milkshop-KT3 | 2015-08-16 13:50 | 日記

初めてのさようなら

7月
と言っても、もう終わってしまったんだけど
ついに、あっつーい夏になりました。

そして
モモは
ついに、断乳しましたー!

マッサージの先生と相談して、21日にしようと決めて以来
オッパイの度に
「モモはもう大きくなってきたから、もうオッパイの力を借りなくても大丈夫になったんやで。
そろそろオッパイとお別れしようね」
と、言い聞かせていました。
モモは、オッパイを飲みながら目を見開いて
聞いているのかいないのか、それでもなんとなーく何かを感じていたようです。

断乳当日、朝ごはんの後、いつものようにオッパイ。
「モモ、これが最後のオッパイやで。次はもうないから、たっぷり飲んどきな」
と言う私自身も、胸が熱くなります。
旦那さんが、最後の授乳風景を撮影してくれました。
きっと、後々とても良い記録になると思います。
最後と感じているのか、モモはなかなかオッパイを離そうとしません。
お腹いっぱいのはずなのに、くわえたり離したり 離したりくわえたり 何度も繰り返します。
そのうち、指でつまんで遊び始めたので
「モモ、ご本、持っておいで。好きな本 一緒に読もう」と、少し促しました。
すると、本棚を振り返り、少しずつ身体の向きを変えました。
左手は、まだオッパイを掴んでいます。
あるところまでくると、ふいに手がオッパイから離れました。
ふっ…
モモと私をこれまで繋いできた 大きなものが、その瞬間 消えました。

お腹の中にいたときは、胎盤が
お腹から出てからは、オッパイが
常に、モモと私を繋いでいました。
これからは、自分でご飯をしっかり食べて大きくなっていくのです。
おめでとう
今までお母さんのオッパイを飲んでくれてありがとうね。
モモが膝から下りたとき、まだまだ小さい、それでいてちゃんと大きくなった後姿を見て
じわぁっと、涙が出ました。
オッパイがなくなって寂しいのは、私のほうだなー。

そして、お昼ご飯までの間に準備、準備。
パパがモモの相手をしてくれている間に、私は2階でオッパイに絵を描きました。
「可愛い絵を描いてあげてね」というマッサージの先生の言葉を思い出しながら
ニコニコした顔を、右と左に描きました。
よしっ、準備オッケー

いよいよお昼ご飯、という頃
モモを呼んで、膝に乗せました。
「あのね、モモに見せたいものがあるねん。見てくれる?」
モモは、オッパイがもらえるのかとニコニコして
「パイパイしよー」と言っています。
「ちゃうねん。パイパイな、もう なくなってん。パイパイな、お顔になってん」
言いながら、私はTシャツをめくり、見せました。

!!

モモの表情が一瞬にして曇りました。
「あれっ、なに?これ」
「モモのパイパイは?どこいったの?」
といった感じです。
胸に描かれた2つの顔を代わる代わる見比べながら、一言も言いません。
「モモ、オッパイなぁ、モモが大きくなっておねえちゃんになってきたから、お顔になってん。
もうないねん。
だから、ばいばいしようね」
そう言うと、モモの右手が おそるおそるオッパイに向かって伸びてきました。
どうするかな、と思っていると
モモの手が止まり、その手がぐっと握り締められ、そのまま指をこすり合わせるように動きました。
あっ、こらえてる。
そう感じた私は 出来るだけ丁寧に
「モモ、オッパイ 美味しかったね。オッパイも、モモのこと大好きやったよ。おめでとう。バイバイしようね」
と言って、ゆっくりTシャツを下ろしました。
同時にモモも、私の膝からゆっくり下りて行きました。

最後まで
泣くことも、声を発することもなく
静かな、静かな驚きをもって
モモは「その時」を受け入れました。

「さぁ、お昼ごはんにしよか!」

ホンマにこれで終わりなんかなぁ。
ホンマにわかってくれたかなぁ。
不安は残りましたが、やり直しは出来ません。
お昼ごはんをいっぱい食べてごちそうさまの後、モモはイスから下りて遊び始めました。
食後のオッパイが習慣だったので、また欲しがるといけません。
私は少し離れて座り、旦那さんがモモと遊んでくれました。
オモチャで遊んだり、本を読んでもらったり、散歩に行ったり。
普段どおりのモモ。でも、いつもの
「パイパイしよー」は、言いません。

おお、ちゃんと分かってくれたのね。
お別れ 出来たんだね。

感心する反面、寂しい気持ちの母。


この話は、まだもう少し続きます。




♪みちこ
[PR]
by milkshop-KT3 | 2015-08-01 07:52 | 日記

6月のいろいろ

あれよあれよで、もう7月です。
梅雨の寒さで、あまり夏を感じませんが
梅雨が明けたら一気に暑くなるのかなー

さて、6月は本当にいろいろありました。
まず、6月に入って間もない頃に
モモは火傷を負ってしまいました。
私が台所で魚を焼いていたところ
対面式キッチンの向かい側から、ダイニングのベンチシートを上ってきたので
危ないなぁと思った矢先
煙の吐き出し口に手を置いてしまったのです。
意外な熱さにビックリしてすぐに手を引っ込めたモモでしたが
やはり相当熱かったようで。
泣き出すモモを抱え、すぐに流水で冷やし保冷材を持たせましたが
泣き声は大きくなる一方。
主人と病院に連れて行き、処置してもらいました。
幸い、ホントに軽い火傷で
水ぶくれで薄くなった皮膚がめくれたりすることもなく
3日もすればキレイに治ってくれました。
あー、よかった。
安心すると同時に大きく反省。
これからはもっと気をつけてあげなくちゃ。
以後は、ダイニングのベンチシートを必ずテーブルの下に入れて、上れないようにしました。

そして18日は、1歳半健診。
その日は旦那さんがお休みだったので3人で区役所の保健センターへGO。
待ち合いスペースには、保育士さんもいらして
オモチャや本もたくさんありました。
すでにオモチャで遊んでるお友達、お母さんの側を離れないお友達…いろいろいます。
さてモモはどうするかなぁと思っていたら
旦那さんと私からサッサと離れて、本のところへまっしぐら。
そして、保育士さんが読んでくれる本に釘付けになっていたかと思えば、スタスタとオモチャの方へ。
かと思いきや
一人、窓際に行って外を見てみたり。
これも個性なんでしょうか。

順番がきて、いざ健診がスタート。
最初は問診です。
事務机の上には、2cm角の積み木が7つと、犬や車の絵が描かれたシートがあり
向かい合って座った担当の人に「積めるかな?」とか「何の絵かな?」とか尋ねられるモモ。
そして、必死でそちらに気を引こうとする私たち。
でもモモは、担当の人の持つボールペンが気になって仕方ないらしく、目の前の積み木を払いのけて掴みにかかり
ようやくボールペンを貸してもらってご機嫌になり
そこで、なんとなく積んでみた積み木がうまく乗ったので「おー!」とバンザイのポーズ。
つられて私も「イエーイ!」
そこからスイッチが入ったのか次々と積み上げ
結果 6個、ビックリするほどまっすぐに積めました。
シートに描かれた絵も
「ワンワンはどれかな?」の質問に、すかさず犬の絵を指差し
車をさして「これは何?」の質問には、間髪いれずに「ブーブー」
などと答えられ、終了。
次は歯科検診。診てくれた先生は、長年のお友達、歯科医のツネちゃんでした。
おかげさまで虫歯ゼロ。この調子で歯磨き頑張ろう。
身体測定では
身長:77.5cm
体重:9.35kg
平均幅の真ん中よりほんの少し小さめで「バランスよし」と言ってもらえました。
よかったー。
そろそろ健診も終わりかなと思ったその時
「じゃ、今度は歩行確認です。お母さん、少し離れてそこから呼んであげてください」と言われ
その瞬間、冷や汗。
普段の散歩の様子からいって、私の呼ぶ方へ滅多に来ないモモ。
自分の行きたいところへ行ってしまうモモ。
そんなモモが、果たして私のところへ来てくれるのか…!
引きつる顔をなんとか隠し、2mほど離れてモモを向いてしゃがみ
「モモ~~♪おいで~♪」と、出来るだけテンション高く呼んでみました。
両手を顔に近づけて指をひらひらさせたり(必死)。
すると、モモ。そんな私の気持ちを読み取ったのか、ニヤニヤと笑いながら
(しかたないなぁ)とでも言いたげな顔で近づいてくるではないですか。
「はい、結構です。歩けたね~」
先生の声に、一気に安堵感が広がります。

そんなこんなで、親子ともども楽しめた健診。
帰り道、ベビーカーでコテンと寝てしまったモモでありました。

なにはともあれ、ここまで元気に大きくなってくれて
本当によかったです。
周りの皆さんのおかげだなぁと、改めて 感謝。




♪みちこ
[PR]
by milkshop-KT3 | 2015-07-07 08:37 | 日記

成長

1歳3ヶ月とちょっとで
つかまり立ちからそろそろ手を離して歩き始めたモモ。
今、ハイハイはすっかりやらなくなって、毎日歩いています。
たびたび転びそうになり床に手をつくことがありますが
そのたびに
ドタン、バタン ギャー
たまに転んで尻もちをついて
ドスン ギャー
と、家の中はホントに賑やか。
ところが一度外へ出ると
たいして転ばず まぁ 歩くこと歩くこと。
御近所の車や鉢植えの花を見ては歓声をあげて指差しています。
外で歩くのが楽しくてしょうがない様子。
一人で歩きたいのか 手もつないでくれない、私を振り返ろうともしない。

ここで突然、
モモの「言えるようになった単語リスト」コーナー!イェーイ♪

・ブーブー(ブタや車)
・カーカー(カラス)
・タィタィ(パイパイ、おっぱい)
・チョーチョ(ちょうちょ)
・ドータ(ぞうさん)
・ホーチョー(包丁)
・クチ(口)
・アシ(足)
・オテテ(手)
・アタ(頭)
・アプアシ(歯ブラシ)
・オム(おむすびマン)
・ダト(ダトちゃん(飼っている魚(ダトニオ))
・チュッチュ(くつ)
・シャツ(シャツ)
・トマ、チ(トマト)
・カボ、チ(かぼちゃ)
・シータ(椎茸)
・オッチュ(おつゆ)
・ツイタ(付いた)
・ターダー(ただいま)
・チッチャ(小さい)
・ガッバッチョー(頑張っちゃおう)
・アコ、アコ(箱がテーマの絵本)
・マッカッマー(絵本(タイトル「まだかな まだかな」)

分かるけどまだ言えない単語は
・お目目 ・お耳 ・鼻 ・おなか ・おへそ ・膝 ・鎖骨 ・ほくろ ・タオル 
・蓋 ・おむつ ・かばん ・帽子 ・換気扇 ・コップ ・おにぎり ・お野菜
・こんにちは ・バイバイ ・はーい ・どうぞ ・ちょうだい ・ありがとう
・うれしい ・どこいった

これらは、聞いたら指をさして見せてくれたり、見合った動作をしてくれます。
もっとありそうだけど、思いつかないや。
「はーい」は、名前を呼ばれて手を上げてはくれるのですが声に出して「はーい」とは言いません。
「バイバイ」は、手を振るときもあるけど振らないときの方が圧倒的に多いです。
お別れがイヤなのかなぁ。


6月18日は1歳半の健診。
事前の問診票には
積み木を2、3個積めますか
手を引いて階段を上れますか
おやつは与えていますか、何を与えていますか
歯磨きしていますか
などなど
たくさんの質問。
それら一つ一つに答えながら
「これ、まだやらせたことないけど 出来るんかな」
と、思うようなこともあり
早速 させてみた
ら、
案外 すんなり出来たこともあれば
うーん、まだまだじゃのう と思うことも。

久しぶりの健診。
あんなに心配していた「発育」に関してはさほど気にならなくなってるけど
今度は「発達」が気になる時期です。
成長は人それぞれ。
モモにはモモのペースがある。
何度も思うのに、やっぱりどこかで気にしている自分。
良くも悪くも、健診があってこその親の思いなのかしら。

なんにせよ
元気で 丈夫に 大きくなれ、モモ!



♪みちこ
[PR]
by milkshop-KT3 | 2015-05-23 07:56 | 日記

久しぶりに

なんと!
こんなにパソコン開けてなかったなんて自分でもビックリ!
もうちょっとブログ書いてた気がしてたから
久しぶりに開けて、最後の記事の日付が1月9日なのを見て
しばらく信じられなかったわー。

気を取り直して…
とは、いうものの、この空白
どうやって埋める~?
書いてなかった間に
モモはものすごいスピードで大きくなってるし
いろんな、そう、本当にいろんなことが出来るようになってる。

まず1つ
立って歩けるようになっているのだ!
階段だって上れるのだ!
そして、離乳食はほとんど終わり、私達とたいして変わらない食事をしています。
食べ方も スプーンで与えていたのが、掴み食べになり、食事にかかる時間も大幅に減り
今はスプーンを使って自分で食べられるようになってきています。
こちらの言うこともほとんど理解しているようだし
車はブーブー、烏はカーカー、その他の鳥はチュンチュン
などなど、少しずつだけど 言えるようになってます。
自我が目覚めてきて
やりたいこと、行きたい場所がハッキリしてきました。
思うようにならないとイライラして大きな声を出したり泣いたり。
「恐怖の2歳」と言われる時期が近づいているなぁと、実感。

ホントにあっという間だったけど、大変なこともありました。
2月、そろそろ2人目を…なんて会話を 旦那さんとした矢先
月末から、その旦那さんが病気になっちゃって。
通院の末、3週間の入院。
とってもショックだったし、これからどうなるのかと不安で押しつぶされそうになりつつも
モモも私も、しばらくの間は母子家庭状態で頑張りました。
旦那さんのお父さんお母さんの支えがなかったら、絶対ムリだったなぁ。

おかげさまで 3月の終わりに、無事 退院。
今はすっかり良くなって、1ヶ月に1度の通院で様子を確認。薬も飲まなくてよくなっています。
本当に良かった。
家族の健康って、つくづく大事、なんです。

私個人のこととしては
長年 愛用していた携帯とついにお別れ
スマホに替えました。
なんだ 今更?って感じですよねー
でも、機械オンチのこの私。
使い慣れた携帯を手放すのは かなりの勇気だったわけで。

なんだかんだあって
で、7月に
モモはオッパイを卒業する予定。
ホントは気候のいい5月に、と思ってたんだけど
おっぱいマッサージの先生が、モモの立って歩く様子を見て
「んー、まだちょっと頼りない感じやなぁ。もう少しスタスタ歩けるようになってからの方が モモちゃん的にはいいんやけどなぁ」
と、おっしゃったので、延期。
おっぱいは赤ちゃんのもの、だからね。

2人目云々の話は
ここまで延びたら、さすがに半分諦めモード。
私の年齢のこともあるし
もう1度、旦那さんとよくよく話し合わないといけません。
作るにしても、諦めるにしても
将来のモモ、私達家族にとって1番いい道を選びたい。
そう思っています。




♪みちこ
[PR]
by milkshop-KT3 | 2015-05-15 08:26 | 日記

新年第1弾

みなさま
明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年のお正月は早々から雪・雪・雪 でした。
朝は晴れていたのに午後から急に雲行きが変わって…
初詣に行って帰って来た後だったからよかったけど
「しまった!洗濯物、干してたんや!」
てなわけで、外に干してた洗濯物がシャーベット状態になってしまってたのは残念。

3日は、実家へ挨拶に。
「おミカン、モモちゃんにどう?はしっこ切って持ったままチューチュー吸わせるねん」
母の言うままにミカンをむいて1つ与えてみると、モモったら
首を前に出してチューチュー。
とっても気に入った様子。もっと もっと と迫ってくる。
初めてのおミカン。リンゴやバナナも大好きだけど、おミカンも好物に加わったね。

最近は、いろんな物をつかんでは立ち上がるようになったモモです。
特に、立った時に てっぺんが自分の目線にくる高さの棚が好きで、しょちゅうつかまって立ってる。
ところが、それだと床との距離がありすぎて 今度は座れない。
何度か腰をかがめて床に手を伸ばしてみるも届かず
もうちょっと、ってところで膝や腰がぐらついて
「やっぱりダメ!こわい!」
って感じで棚にまたしがみつく。
最後には棚につかまったまま
「ひえぇぇえ~~~っ」
って
悲壮な声で助けを呼ぶ。
初めのうちはそうなるたびに私や旦那さんが座らせてたけど、毎回ともなると大変なので
何回か側で見守って
ほんとに危なそうなときだけ、手を貸すことにしたら
2~3日も練習すると 自分でなんとか座れるように!
子供ってスゴイなぁ。
座れた瞬間に 大いに拍手して盛り上げると
本人も
「おお~~~っっ」って、得意満面な笑顔になる。

つかみ食べも
ずっと前にチャレンジしてたけど、その時はうまくいかなくてしばらくお休みしてたのが
ここへきて急に食べ物に興味が出てきたのか
テーブルチェアから落っこちんばかりに身を乗り出してくるので
ためしにやわらかく煮た白菜の肉厚部分を持たせてみたら
すんなり自分で口に運んでパクッ!
前までは食べ物を持ったその手をわざわざ口元まで持っていってやらないとダメだったのに!
なんだこの急激な変化は!

寝るときも
おっぱい飲みながら寝る、っていうのがパターンだったのに
飲んで納得したら自分から口を離すようになった。
その流れで横に寝かせると、目を閉じてすやすや。

1歳のお誕生日が過ぎてからは
ずいぶんいろんな面で成長を感じさせられる。

「おもしろいなあ。いっぺん他の赤ちゃんがどうなのか見てみたいなぁ」と、旦那さん。
ならば、ということで、近いうち児童館へ遊びに行くことにしました。
赤ちゃんの成長はそれぞれだというし
他の赤ちゃんが出来てモモが出来ないこともたくさんあるかもしれないけど
実際、モモより小さくてすでに歩いてる子もいたりするけど
焦らなくても大丈夫
モモにはモモのペースがある
ちゃんと出来るようになる
それをつくづくモモから教えられてる
そんな気がしています。
だから私は安心して見ていればいいんだなぁ。

来月には妹の赤ちゃんが誕生します。
一緒に子育てを楽しめるのかと思うと
今からワクワク。

きっと、素敵な年になるね。




♪みちこ
[PR]
by milkshop-KT3 | 2015-01-09 08:40 | 日記

1年の最後に

年末が年末じゃないような
いまだに今日が大晦日だなんて信じられません。

とにかく大掃除
出来るだけ頑張って
遣り残した分は来年(明日)におあずけ。

さっきモモが眠ったので
慌ててパソコンを開けました。



さて記事を書こうとした途端
ギャー

起きちゃった


さてさて
今年1年つながってくださった皆さん
本当にありがとうございました。
ろくにコメントも返せなくてすみません。

来年もよろしくお願いいたします。

どうぞ
どうぞ
良いお年をお迎え下さい。

災害や戦争のない、ハッピーな1年になりますように。





♪みちこ
[PR]
by milkshop-KT3 | 2014-12-31 17:07 | 日記