京都の、とある小さな牛乳屋に生まれ、長い独身時代を経て結婚。幸せをかみしめながら、出逢った人みんなに感謝の心を届けられますように。


by milkshop-KT3

真剣!母乳育児

最初は「飲んで寝て出して泣いて」の繰り返しだったモモ。
妊娠中から 母乳で育てるんだ!と勢いこそあった私だったけど
高齢出産で体力もガタ落ち
自分自身を回復させることで私の身体はイッパイイッパイだったみたい。
1ヶ月間は実家に戻り ゆっくりさせてもらったものの
10日検診でモモの体重は300gも落ちていて
当然のように病院でミルクを足すよう指導を受けました。
周りから
「おっぱいが足りひんにゃなぁ」
「お腹減らしてるんやなぁ」
「もっとミルク足したら?」
悪気が無いとわかっていながらもグサグサ突き刺さるお言葉の数々。
ミルクに頼る日々。
心の中では
(くやしい、辛い、なんで私のおっぱいはちゃんと出ないの?)って叫んでました。
でも
でも やっぱり
おっぱいで育てたい!
なんでか分からない 理由なんてない
私の子は私のおっぱいで育てたいよ。
それからはミルクをやめて おっぱいマッサージにも通い
誰がなんと言おうとおっぱいを飲ませ続けてきました。

モモの体重がなかなか増えず 不安でたまらなくて
母子手帳にある「乳児身体発育曲線」とにらめっこ。
「ひょっとしたら私はモモを十分に育ててあげるどころか、逆のことをしてるんじゃないだろうか」
って怖くなって
ミルクを足そうか気持ちがぐらついたり
(実際、ミルクを足したこともたまにあったり)
だけど
インターネットでいろいろ見て
私みたいな思いで母乳育児に取り組んでる人がたくさんいることを知り
そうした人たちにずいぶんと勇気をもらいました。
今は、母乳オンリーの毎日で
「ミルク ミルク」と言われることもなくなってきました。

平均より小さめのモモ。
今でも体重は劇的に増えたりしていません。
全然不安じゃないって言ったら嘘になるけど
ウンチもオシッコもちゃんとたっぷり出てるし
肌の色艶はいいし
手足を元気にバタバタさせるし
元気な声で泣くし
1日1日 すこーしずつ
いろんな変化を見せてくれています。
この頃は首もずいぶんしっかりしてきました。
話しかけると「うー、あー」っておしゃべりもします。
あやすと笑顔になります(ときどきだけど)。

体重は大事だけど
そればかりが子育てじゃない。
「平均」にとらわれて
私がカリカリしてたんじゃモモだってかわいそう。
見るべきは
育児書や平均体重のグラフじゃないよね。
この子本人を見て 元気でご機嫌ならいいじゃない。
そうやって育てていこうと思います。


あぁ、でも来月は4ヶ月健診があるんだ~。
体重、チェック入るかなぁ。

モモ、頑張って飲んで大きくなっておくれよー。
お母さんも頑張っていいおっぱい出すからねー。




♪みちこ
[PR]
# by milkshop-KT3 | 2014-04-04 18:27 | 日記

その後

御無沙汰しております。
目下 子育てに奮闘中のみっちゃんです。

お祝いのコメントをくださった皆様、どうもありがとうございました。
その後、パソコンを開ける時間すら無いまま
あっという間に2月ももう後半。
産院に入院してから以降は まさしく「浦島太郎」状態です。

おかげさまで
ムスメも日々大きくなって元気です。

ただ 私の方は
出産の後 なかなか身体が元に戻らず
下腹だっていまだにふくらんでるし。
もしかして この先ずっとこのままなんじゃ…と
ちょっと心配。
周りの人は
「大丈夫 大丈夫。元通りにになるには時間がかかるもんや」と言ってくれるけどぉぉ。
これが若いママさんなら 今頃すっかり元に戻ってるんじゃないかなぁ
と、高齢出産の大変さをつくづく思い知らされている毎日です。


初めての出産は…
本当に 大変でした。
すごすぎる体験。今でも信じられない…。

12月24日
早朝5時頃から陣痛が始まり
その夜に入院するもお産は進まず子宮口が開かない。
連日 旦那さんの両親がそばに居てくれて
旦那さんも 仕事が終わったら病院に寝泊りしてくれて
実家の親も来てくれたりして
でもとにかく
すーすーまーなーいー

5分ごとにやってくる激痛に苦しみながらクリスマスも過ぎ、へろへろな状態で26日の朝を迎え
先生から「帝王切開という選択肢も考えましょう。どうですか」と言われ
思わず「お願いします」と言っていた私。
しかしそこへ助産師さんが現れて子宮口を診てもらい
「開いてきてるよ、大丈夫。せっかくここまできてるのに、切るのはもったいないわ。頑張ろう!」と激を飛ばされ
それでも気持ちは半分以上「帝王切開」のつもりで、ひとまず病室で待機。
その約2時間後、仕事を早退した旦那さんが駆けつけて
帝王切開の説明を一緒に聞くつもりで先生のところへ行って再度内診したら
「来てる。今からお産しましょう!」と言われ
えーっ
って感じで 分娩スタート。
旦那さんも慌てて「両親が病室で待ってるので知らせてきます」と。
その後が これまた大変で。
なんせ産道が狭すぎて赤ちゃんがなかなか通って来れないし
しばらく頑張ったけど とうとう吸引。
1人の先生が赤ちゃんを引っ張って
もう1人の先生&助産師さんが2人がかりで私のお腹を上からプッシュ。
痛いやら苦しいやらで 何度
「帝王切開にしてください~~~」「お願いしますぅぅ~~」
と叫んだことか。

と、ある瞬間 なんだか「詰まってたモノ」が取れたような感覚があって
次の瞬間 赤ちゃんの姿が目に入りました。
「おぎゃあ!!」

うわぁ!
出たぁ!






さて
ムスメと共に退院したのが昨年の大晦日。
その後1ヶ月間は実家で過ごし
2月になって家に戻ってきました。
旦那さんの両親が近くに住んでいるので
食事などのサポートをしてもらいながら
今までとはまったく違った生活をしています。
16日にはお宮参りを済ませ
再来週には初節句。
ほんとバタバタ。
何をするにも時間のかかる私には
かなり大変な日々であります。

今日は珍しくゆっくり寝てくれているので
こうしてPCに向かっていられます。

そんなこんなで
当分、皆様のコメントにお返しすることもままならないと思いますが
どうぞお許し下さい。

また時間つくってアップしますので
ときどき見にきてくださいねぇ~~




♪みちこ
[PR]
# by milkshop-KT3 | 2014-02-20 10:52 | 日記

新メンバー

e0113475_214819.jpg

12月26日
pm12:38
予定日より1日早く
私達夫婦の赤ちゃんが生まれました!
身長49センチ
体重3210グラムの
女の子♪
です。

名前は「百々花」と書いてモモカ。
生まれた時に顔を見て決めました。
私達の想いがいっぱい詰まった、命の名前です。


旦那さんの誕生日が20日
結婚記念日が24日
そして、ニューフェイス百々花の誕生日が26日

12月はお祝いだらけです。

クリスマスには間に合わなかったけど
サンタさんからの最大のプレゼント。

たくさんの笑顔と
たくさんの「おめでとう」に囲まれて

さあ、新しいメンバーでの新しい出発です!

どうぞ宜しくね。




♪みちこ
[PR]
# by milkshop-KT3 | 2013-12-29 21:04 | 日記

旦那さんのバースデー

ずいぶん年季の入ったメガネをしていた旦那さん。
プラスチックレンズのコーティングもすっかり取れて傷もいっぱい。
「新しいの いつ買うの?今でしょ!」
ってなワケで
今年のプレゼントはメガネに決定~!
近所の眼鏡屋さんに行って一緒にフレームを選びました。
新しいメガネをお気に召した様子の旦那さん。
ヨカッタ♪ばっちり似合ってるよ。


「妊娠中にやっておきたいこと」ランキングのうち
「旅行」も行ったし(天橋立→城崎温泉→出石)「映画」も観に行きました(かぐや姫の物語)。
そんな私が出産予定日を目前に あと1つ、やりたかったこと
それは…
「素敵なレストランでゆっくり食事」でした。
イメージとしてはイタリアン。落ち着いた照明の、静かなお店。
旦那さんに どこかでゆっくり食事して誕生日のお祝いをしようと言うと
早速 素敵なお店を探して予約してくれました。
楽しみ、楽しみ!

お出かけ当日の昼間
ふっと いいこと思いついちゃった私。
お店に電話して旦那さんの誕生日の事を伝え
「デザートに何か趣向を凝らしていただけますか」と聞いてみました。
結果、お店の方の提案で
デザート盛り合わせのプレートにバースデーメッセージを添えてもらうことに。
もちろん旦那さんには内緒。ちょっとしたサプライズです。

何も知らない旦那さんが仕事から帰ってきて、さぁ出発。
お店に着いて 食事が始まります。
ここのお店は、サラダといい、ピザといい、パスタといい、どのメニューもとっても美味しい!
そして、スタッフの方々の なんと親切なこと!
このお店いいね、すごく美味しいね、なんて言いながら
楽しい食事の時間があっという間に過ぎて
いよいよデザートタイム♪
運ばれてきたプレートに 何気なく目をやる旦那さん…
プレートのメッセージに気づいた…?
と、絶妙なタイミングでスタッフの方が
「お誕生日おめでとうございます」と一言!
旦那さんの驚いた顔。
プチサプライズ、大成功です。

「うわぁー、ありがとう」
「こんなことされたの初めてや」
旦那さんの驚いた顔がみるみる笑顔になりました。
よかった、喜んでくれた!
e0113475_1805488.jpg



心も身体もホカホカになった夜。
お腹では赤ちゃんが嬉しそうにモコモコ。
協力してくれてありがとうね。
あなたがお腹に居る間にやりたかったこと、ママ 全部出来たよ!

ようし、これで思い残すことはない!
いつでも出ておいでー♪




♪みちこ
[PR]
# by milkshop-KT3 | 2013-12-22 18:04 | 日記

まだです

前回の検診では
推定体重3488gと言われてしまいました(汗)。
うそでしょ、3488って…デカくなりすぎなんじゃ?!

「もういつ生まれても大丈夫。今日明日でもOKやで」と、先生。
そりゃそうでしょう、私もそう思います。
しかしそうは言っても…
お腹の中の当の本人、まだまだその気がなさそうで。
最近、こころなしかお腹が下膨れになってるような気がしていたけれど、先生いわく
「全然下がってないなぁ。よく歩いて、運動して 赤ちゃんに早く下がってもらってね」
とのこと。
はぁぁ…

臨月ともなるとお腹の赤ちゃんはだんだん下に下がって
子宮口付近に近づいて行きます。
生まれ出る準備として、ママの骨盤に頭を入れて位置を固定するため
それまでのように簡単に動くことが出来なくなります。
それにつれて ママが感じる胎動も少なくなるのだそう。
これが「お産の兆候」の1つ。
他に
トイレが近くなる
頻繁にお腹が張る
などがあります。

私達の赤ちゃんは…
胎動こそまだまだあるものの、その動きは以前と比べてかなりソフトになっています。
ボコッ、ドカッ といった激しいキックやパンチも減って
ウニョ~、グニ~ など ゆっくりした動きが多くなってきました。
そして私自身は、下腹に軽く痛みを感じることが増えてきました。
だけどそれらは
「お産の兆候」というにはちょっと…その、違うみたい。

赤ちゃんは まだもう少し、私のお腹に居たいのかなぁ?
私だって
早く生まれて欲しい、赤ちゃんに早く会いたいっていう楽しみな気持ちと
もうすぐお腹から居なくなっちゃうんだという寂しさとが入り混じってるんだよう。

まぁ予定日はまだ先なので、出産を焦ることもないのですが
赤ちゃんの体重を思うと
「これ以上大きくなられちゃ困る」なんて思いが膨らんでくる。
母親側の勝手な思いなんだけど
やっぱり、少しでもラクに産みたいってのが人情で。


「うちのムスメが言ってたけど 推定体重って、たいてい多めに出るらしいからあまり心配しなくていいよ」
そう教えてくれたのはタカコ姉さん。
あー、よかった。
考えてみれば、ヨガ仲間の先輩ママ達もそうだったっけ。
検診で3000gを軽く越える体重が出たと言って心配そうだったけど
実際産んでみたら、3010gだった とか 2820gだった とか。
ヨガの先生も「体重のことは、気にしなくていい」っておっしゃってたし。
だからきっとうちの赤ちゃんも3000g前後で生まれてきてくれるよ、きっと。
そう思う。そう思おう。

近所の神社には
「27日の出産日には、元気で丈夫で健やかな赤ちゃんが生まれてきてくれますように」
ってお祈りしてるし
日々話しかける赤ちゃんには
「27日には、チュルン、スポーンって生まれてきてね。先生たちがビックリするくらいの安産にしようね」
って言ってるし

うん、きっと27日、安産だよ。

モコモコモコ…
動いてる、動いてる。
きっとアナタも不安かな。
ママがついてるよ、大丈夫。
初めての母娘の共同作業。
共に頑張ろう。

その日まで
まだ
まだもう少し
一緒にいられる今を大事にしよう。




♪みちこ
[PR]
# by milkshop-KT3 | 2013-12-15 19:59 | 日記

臨月

師走。
とうとう臨月に入りました。
我が子と対面する日が迫ってきました。
ここへきて お腹の様子も明らかに変化してきていて
いかにも「下がってきてる!」って感じです。
これまでは、触っても弾力を感じた下腹。
今は結構パンッと張っていて、固くなっています。
(ビーチボールにいっぱい空気を入れたらキンキンに固くなる、あんな状態)
感覚としては
1日中、お腹に重たーい中華鍋をくっつけて歩いてるような。
この中華鍋。コヤツのおかげで、立ったり座ったりの動作がつらいこと、つらいこと。
かがんで何かしようにも、つっかえてしかたない。
ただでさえノロマなのに 毎日の着替えにしても 靴下ひとつなかなか履けなかったりするわけで。
ふうふう言いながら、さっさと出来ない自分がもどかしい。
でも、そんな事でさえ いい思い出になるくらい 妊娠期間って「超幸せ」なんだって。
だから、今のうちに思う存分満喫しておくといいんだって。

確かに、こんな経験 一生のうちにそうそう出来るもんじゃない。
予定日に向かって お腹の中でなんとか無事に、元気に赤ちゃんに育ってもらうことだけを考えてきたけど
その間にも
嬉しいこと 楽しいこと、たくさんあった。
赤ちゃんの存在がどれほど私を元気付けてくれたことか。
周りの人の優しさやあたたかさを 日々どれほど感じられたことか。


11月いっぱいで 学習塾のアルバイトを辞めることになった私。
去年の5月から、週2日 通い続けたアルバイトでしたが
毎回 元気でかわいい生徒達の成長ぶりを目の当たりにしながら
失敗もあったけど
指導者の先生やスタッフさん達にあたたかく支えられて
張り合いを感じながら 本当に楽しく勤めることが出来ました。
最終日には、先生、スタッフの皆さん、そして何人かの生徒にお腹を撫でてもらい
「楽しみやね」
「がんばって」
「出産を終えて、落ち着いたら必ず連絡してね」
「赤ちゃん 見せに来てね」
と、笑顔で送り出してもらいました。
教室を去る私の心には ただただ 感謝のみ。


「お父ちゃんが、産着を作るって言うてるわ」

そう旦那さんが教えてくれたのはいつだったっけ。
着物下絵の伝統工芸職人であるお義父さん
私達の赤ちゃんが女の子だって分かってから
産着の図案を考えてくださってたみたい。
しかも生地に下絵を描くだけじゃなく、色付けまで自らやって
お仕事の合間に 毎日少しずつ作業を進めてらしたよう。
私がお嫁に来たときも
そうやって着物を作ってくださったお義父さん。
嬉しくて ありがたくて 胸がいっぱいになります。

昨日 お家にお邪魔した時
「みっちゃん、ちょっとこれ見てくれるか」
と言われ、何かなと思ってお義父さんの声のする部屋に行ってみると…
「わぁっ!すごい!!」
かわいいピンクに染め上げられた生地が床に広げられていました。
生地には、もちろん お義父さんの図柄が鮮やかに描かれています。
「ひゃぁぁ~~~!!かわいい~~~っっっ!!」
「あとは要所要所に金色を散らそうと思って。華やかになるやろ?」
「えーーーっ。ステキーーー!」

世界にたった一つの産着。
生まれてくる赤ちゃんへ おじいちゃんからの最初のプレゼント。


よかったね、赤ちゃん。
こんなに大切に想ってもらえて。


出産に向けて
緊張や不安はあるけれど
出来れば陣痛の痛みなんか味わいたくないけれど
大きな波を越えた向こうに
もっともっと大きな喜びや笑顔が待っている
そう思うと勇気が出ます。
きっと大丈夫って 思えてきます。

嬉しい報告が皆さんに出来るよう
その日を楽しみに…
e0113475_9411034.jpg



♪みちこ
[PR]
# by milkshop-KT3 | 2013-12-02 09:41 | 日記

出産の夢

出産予定日まであと一月あまり。
前回の検診では
「いい感じに下がってきてる」と言ってもらいました。
下がってくるとだんだん胎動が少なくなるらしいのですが
うちの赤ちゃんは、まだまだ毎日よく動いています。

検診の前日、夢を見ました。
なんと、お産直前の場面でした。
夢の中で 私は、分娩台に移動する前の 控え室のような部屋のベッドで
看護士さんからいろんな検査を受けているところで
「今はまだその時やないわ」
と言われていました。
次に再び同じような場面が出て、今度は
「うん、来てるわ」
と言われて、瞬く間に周りがバタバタし始め
私も (おう、いよいよやんか!)と心臓が高鳴りました。
(実際の自分も鼓動が早くなっていたんじゃないかな)
さあ、お産だ!
あれ、でも陣痛がない…?これからなのかな?
と、そこで意識が現実に引き戻されていきました。

「お産する夢を見たわ」

朝、目が覚めて旦那さんに言うと
「無事に生まれた?」と。
「分からへん。生む直前の場面やったから。検査を受けてて…」
夢の話を一通りした後、それまでウン、ウンと聞いていた旦那さん、
「実は、自分もお産の夢を見たんや」と一言。
びっくりして、どういう夢か聞くと
「そのとき実家に居て、生まれた知らせを聞いて、感動しすぎてその場にへたり込んでしまうねん」
ですって!

なんとまあ
夫婦2人して同じ日にお産の夢を見るとは。
しかも
私が お産直前の夢で
旦那さんが お産直後の夢。
それぞれ「お産」の、どの部分に関心が高いかがよく分かります。
私は来るべき出産に対して、少なからず不安や緊張を持っていて
旦那さんは我が子誕生を知る瞬間を、それはそれは楽しみにしている…
そういうことなんだなあ。

しかしそれにしても
「その場にへたり込む」
って…
おまけに
「そのとき実家に居て」
って…
なんじゃそれ!
へたり込むほど感動しすぎるのはいいとしても、せめて産院には来ててよぉって感じ。
ま、夢の中の旦那さんに文句言ってもしょうがないんだけどね。

不安だろうがなんだろうが
出産を乗り越えるのは 私、そして赤ちゃん。

「みんなそうやって産んだはるし、自分だけ出来ひんって事はないから大丈夫。なんとかなる」
って、旦那さんのお母さん。
そうよね。
その通りだね。

「なんとなくの想像」すら出来ない大仕事
だけど
4月、お腹の中にとどまってくれた小さなタマゴが
ここまで大きくなってくれたんだもの。
検診のたびに新しい喜びと安心を与えてくれて
夏以降は、毎日毎日 可愛く力強く動いてくれて
それでもエコーのモニターを通してでしか姿を見ることのなかった赤ちゃんに
ようやく会えるんだもの。


その瞬間が絶対あるって分かるから
きっと私、がんばれるよ。



♪みちこ
[PR]
# by milkshop-KT3 | 2013-11-24 18:48 | 日記

がんばろうね

11月1日、いよいよ妊娠9ヶ月に入りました。
5日に受けた検診では
とうとう我が子の体重が2125gに!
この頃の赤ちゃんは、皮下脂肪も厚くなり、身体も顔もふっくらして
ますます赤ちゃんらしい格好になるのですって。
肺機能も成熟して、生まれてから自分で呼吸する準備も出来てくる頃だとか。
着々と、外の世界に出てくる用意を進めている我が子。
対して
日に日に大きく重くなるお腹を抱え、これまた日に日に強くなる胎動に 少々押され気味な私(汗)
でも
気になる私自身の体重管理も なんとかうまく出来てるみたいで
産院の先生から特に指摘もないし
血液検査の結果、血糖値も標準で、貧血もむくみもなし。
ムスメよ、母ちゃんだって頑張ってますよー。

妊娠9ヶ月に入ってからは、「ノンストレステスト」というのを受けるようになりました。
これは、赤ちゃんの元気具合を調べるテストで
赤ちゃんの心拍数や胎動の回数、母体のお腹の張り具合を 約20分間記録するもの。
前回と前々回の検診時に受けましたが、どちらも正常。お腹の張りもほとんどありませんでした。
いいぞ。優秀 優秀♪


昨日は、久しぶりに妹に会いにいき、近所の洋食屋さんで一緒にランチ。
お互いの近況など たっぷりおしゃべり。
食後には妹の家へ戻ってハーブティーを御馳走になり
「このあいだ教えてもらってん」というハンドマッサージをしてもらいました。
アロマを炊きながらのマッサージはとっても気持ちよかった~~。
ありがとね。

それから 夕方になって2人で実家へ移動。
これまた久しぶりの両親と一緒に夕飯を食べる約束をしていたのです。
姪っ子(小4)や甥っ子(小1)も加わって やいのやいのと、賑やかすぎる食卓。
妹が先に帰った後、仕事を終えた旦那さんが合流して、またまた賑やか食事タイム。
元気いっぱいの子供たち。私のお腹に興味津々です。
「まん丸お腹やなぁ」
「スイカみたいやなぁ」

「なぁなぁみっちゃん、赤ちゃん 動く?」
姪っ子が尋ねてきました。
「動くよ~。今はじっとしてるけど。でもお腹に耳を当てたら心臓の音が聞こえるよ」
これはヨガ友からの情報で、うちの旦那さんでも立証済み。
私が言うや否や 姪っ子も甥っ子も我れ先に私のお腹に耳を当て出しました。
なかなか聞こえなかったようで、甥っ子はすぐに諦めてしまいましたが
姪っ子はしばらく離れずに一生懸命聞こうとしていました。
そんな姪っ子の気持ちに応えようとしたのか
ビクビクッ
赤ちゃん 動いてくれました。
姪っ子の喜んだ顔といったら!

「あーかーちゃーん、きこえますかー」
両手をメガホン代わりに なんやかんやと私のお腹に話しかけて
「私がもう少し大きくなったら、赤ちゃんを抱っこさせて」と言ってくる姪っ子ってば
カワイイ。やっぱり女の子なのです。

うん、抱っこしてやってな。
いっぱい仲良くしてやってな。


予定日は、とうとう来月。
赤ちゃんは、胎児としての成長の「最後の仕上げ段階」に入ります。
私も 引き続き「体重&体調管理」、気を入れて頑張らなくっちゃ。

今日のお昼に母からメール。
「昨日は久しぶりで嬉しかった。云々…頑張ってお産して帰ってくるのをみんな待ってます」
って。
(出産後の1ヶ月は里帰りを予定しているのです)

たくさんの人に誕生を待っててもらっている、大事な命…
そしてその命を育ててる私。
この2人、なんて幸せなんでしょう。
だから…
頑張ろうね、赤ちゃん。
あなたの生まれるその特別な日が
みんなの喜びと幸せと笑顔でいっっっ…ぱいになるように。




♪みちこ
[PR]
# by milkshop-KT3 | 2013-11-10 19:02 | 日記

前進、前進

先週の火曜日、妊婦検診に行きました。
妊娠も 8ヶ月ともなると、それまで4週間おきだった検診は2週間おきになります。
エコーで赤ちゃんの様子をみて
頭や胴回りの大きさを測ったり
大腿骨の長さを測ったりして、体重を割り出してもらいます。
このたびの体重は1770g。
前回が1293gだったから…
2週間で約500gも大きくなってるんだ!
先生も
「こりゃこのままいくと出産時は3500いくかもなぁ」と。
ほんまかいな。

赤ちゃんの成長ってものすごい。
どうりで
今まで「お腹が大きいのもひっくるめて『私』」、「自分がちょっと太ったっていう感覚で、お腹が重いとは思わない」
と、まるで赤ちゃんが私の一部のように思えていたのが
ここへ来て、ちょうど 袋に1770gの重さのものを入れてお腹にくっつけているような感じがして
寝てるときも 重くて寝返りが打てなかったりして
「あぁ、やっぱり赤ちゃんと私は別ものなんだ」と、実感出来るようになってきたわけです。
毎日の胎動も、ほんの1ヶ月前と比べても明らかに違ってきています。
なんというか
以前は キックやパンチも小さくて 「プクッ」、「ポコポコッ」くらいで
私も余裕で「元気だね~。いい子いい子」とか言ってお腹を撫でたり軽く叩き返していたのが
今じゃ 「ボカッ」、「ドコドコッ」と、お腹全体が揺れるみたいに強かったり
その動きが外からでも見えたり
だんだんお腹の中が窮屈になってきて、ちょっとでもスペースを広げたいのか
「グーン」、「ウニョー」と、伸びをして
膝や肘で押してきているのも、ハッキリ分かったりするのです。
その力強いこと。「もうちょっと加減して~」と言いたくなるくらいです。

予定日まであと2ヶ月を切りました。
出産まであっという間です。
入院準備や、出産後の育児準備、やらなきゃならないことがたくさん!
てなワケで
赤ちゃんの肌着や私のマタニティパジャマ、ベビーカーやチャイルドシート、抱っこひも…
リストを作って一つ一つ買い揃えていきました。
インターネットで買ったベビーカーが家に届いた時は
「おお、赤ちゃんを迎える準備が進んだな」と思えたし
同じくインターネットで買ったチャイルドシートと抱っこひもが届いた時は
赤ちゃんがそこにおさまっている様子が簡単にイメージでき
「いよいよパパとママになるんやなぁ」と、楽しみに胸を膨らませました。
また、昨日は、産院での「母親教室」に参加。
出産予定日の近い15、6人の妊婦さんと一緒に、出産についてのビデオを見て助産師さんの話を聞き
入院時のお部屋や分娩室も見せていただいて
周りの妊婦さん達と「頑張ろうね」と声を掛け合いつつ帰る頃には
漠然としていたお産に対する不安や緊張、そして覚悟に似た気持ちもまた
私の中で現実味を帯びてきていました。

さらに さらに
私達の愛車、「カエルちゃん」が売れました!
10月の半ばに旦那さんがヤフーのオークションで出品し、1週間後に落札。
本日、新しいオーナーさんが岐阜県からいらっしゃって
無事にお引渡し完了!
ちょっと寂しいお別れでしたが
次のMRワゴンちゃんには しっかりチャイルドシートを取り付けて
新たなメンバーでやっていきましょう。

やってないこと、揃えきれてないモノはまだまだありますが
うん。ちゃんと進んでる、進んでる。


お腹の中の 小さくて大きな命。
迎えるためのいろんなことの全てが
どんどん動いてる。


12月27日
元気で健やかに生まれてきてね。
私も 頑張るよ。

e0113475_1823944.jpg



♪みちこ
[PR]
# by milkshop-KT3 | 2013-10-27 18:14 | 日記

4Dエコー!

昨日、産院さんで定期的に実施されている「4Dエコー」を撮りに行ってきました。
希望者が予約して撮ってもらう4Dエコー。
普段、検診時で見せてもらうエコー画像は白黒です。
モニターに映る画像も、いただいて帰る写真(2、3枚)も 粒子が粗くてあまりハッキリと見ることは出来ないのですが
この「4Dエコー」は、お腹の中の様子がとてもリアルに立体映像で見られるのです。
しかも!
いただける写真の数も多いし(8枚!)、ブルーレイディスクを持ち込めばそこに録画もしていただけるというもので
とっても良い記念になります。
予約しなくちゃもったいない!!のです。

旦那さんに用意してもらったディスクを持って予約した時間に病院へ行き
いざ、4Dエコーの部屋へ。
「はい、そのベッドに横になってお腹出してくださいねー」
担当の方に言われるまま、横になり お腹を出してスタンバイ。
「では、映しますね」

ドキドキしながらモニターを見ていると
パッ
まずは、白黒のエコー画像が映りました。
そのすぐあと
パパッ
画面が切り替わりました。

おおっ

こ、これが4Dエコー!!

肌色とも薄いオレンジともいうような色の中
アップで映るは 我が子の顔ではありませんかっ!
きゃぁあぁ~~~

この前の検診で
体重1293gにまで育っていた我が子。
「標準内やね。この分やと、出産時は3000いくなぁ」
って、先生に言ってもらってた我が子。
お腹の中はほんの少し窮屈そうな我が子。
が 映っています!
ただ、画像を処理しながら映しているそうなので
なめらかな動きではなかったのがちょっと残念(映り方が細切れ。まるでテレビ電話の画面みたいな感じです)。
でも、それにしたってすごいわ~~

それから10分弱の間
これが左手ですよ、これが右足ですよ、はい、お顔。ほっぺがふっくらしてますね、ここが太ももですよ
この辺がお尻、ぐるっときて これが背骨、そして後頭部…あ、もごもご動き始めましたね…
などなど
その時々 赤ちゃんの身体のどこが映っているのか教えてくださる担当の方。
中には 正直、何が映ってるのかさっぱり??なところもありましたが
担当の方に教えてもらうそのたびに
そうか、お腹のこの辺に胎動を感じるのは左足のキックなんだな とか
この辺がぴくぴくするのは右手のパンチなんだな とか
普段の赤ちゃんの動きと私の感じる胎動とがハッキリつながって嬉しかったです。
録画してもらったブルーレイディスクもしっかり持って、足取り軽く家に帰りました。

病院から帰って 1人、いただいた写真を何度も見てはニヤニヤの私。
旦那さんに似てるなーと思うものもあれば
あれ?この顔は私似?と思うものも。


夜、仕事を終えた旦那さんがワクワクしながら帰ってきました。
テーブルに置いた写真を見つけるやいなや手にとって
「わっ わっ すごい!!」
と言いながら1枚1枚丁寧に見ていきます。

夕食後は、お楽しみのディスク上映会。
赤ちゃんが口をもぐもぐさせるたびに2人して「もーぐもーぐ」ってセリフを言ってみたり
足がぐーっと伸びる様子を見ては「のび~」って言ってみたり…
そうして 全部見終わって
「はい おし、まい」と私が言うと
「もっかい見よ♪」と リモコンの再生ボタンを押す旦那さん。
すっかり赤ちゃんに夢中です。

2回目も見終わって、笑顔の旦那さんが満足そうに言いました。
「いやー、やっぱり2人の子やわ。両方に似てる。うまいことミックスされてるよ」

えへへ、そうかな
嬉しいね
うん、嬉しいね


朝。
旦那さんたら、朝食前に またも4Dエコーの写真を見てました。
ふふふ
生まれたらきっとベッタリデレデレなんだろうなー。
やきもち妬かないようにしなくっちゃ。

             初公開、我が子の顔です!
e0113475_1511149.jpg

             横顔に近づけた左手
e0113475_1514370.jpg

             うーんと伸ばした右足
e0113475_152124.jpg


♪みちこ
[PR]
# by milkshop-KT3 | 2013-10-13 15:23 | 日記